名古屋市中区栄のリコネクション&パワーストーン  スピリチュアルサロンsalon celestのブログです
どれだけの癒しが必要なのか


リコネクションの前にヒーリング、
何回受ければいいですか? 



ヒーリングの回数に迷われる方は沢山いらっしゃいます。

これはエリックも
「何回でもいい。決まりはない。」
と言っているので、明確な指針はない。
指針が無いから、クライアントさんも迷う(^^;


なぜヒーリングの回数に指針がないのか。
エリック曰く

「その人に何回ヒーリングが必要なのか、
 誰にも(本人にも)わからないから」


ダヨネー

だから、
「本人が受けたいなと思う回数で良い」
ということになる。



と言ってこれで終わっちゃうのもどうかと思うので(笑)、
私の体験談を一つ。


リコネクションに出会った当時の私は、
「セミナーを受講する為には、自分がセッションを受けて
 いないといけないから」 セッションを受けようと思いました。
(つまり、「○○を治したいから、○○に困っているから」
 という理由ではなかった、てことです)

そして、当時はリコネクション前のヒーリングは
3回がお勧めだったので
「自分が施術する側になるのなら自分が体験していないと
 (クライアントに)説明できない」
という理由だけで、リコネクション前にヒーリングを3回受けました。

当時の私は多分、ネット検索で出てくる日本中の
プラクティショナーのHPを全部チェックして
事前調査をしていたにも関わらず、
このセッションの効果について何の期待もしていなかった。

「なんか色々書いてあるけど、 まぁ、こういうものって
 気の持ちようってヤツだろうし、
 奇跡的なことって自分には起こらないだろうし


と。
(じゃぁなぜ大枚はたいて受けたんだって話しですが ^^;)


それ以前に、当時の私はヒーリングというものが
一体何を意味しているのかよくわからなかった。
(そもそもヒーリングというものに興味が無かった)
当時の自分は、自分(&自分の人生)のことを

「まぁ、人生って修行だから辛いこと沢山あるし
 困ったこともあるけど、
 それは私だけじゃなく皆がそういうもんだしな


と、ヒーリングが必要なとこなどどこにもない
と思っていた。

(ヒーリングって、身体的な治癒のことかと思っていたので、
 自分に対してはアレルギーとか便秘位しか思いつかず、
 治ったらいいけどまぁムリだろなと思っていました。)

それで、1か月くらいの期間をかけて、
ヒーリングを3回、続いてリコネクションを受けました。



ところで、リコネを受ける前の
当時の私は「断れない大魔神」でした。
どういうことかっていうと、
例え相手が仲の良い友達だったとしても、
どんなに体調が悪くても、約束を断れない。
「日にちを変えて」とも言えない人でした。
頼まれたこと、言われたこと全てに
ノーが言えない人間でした。
(今思うとなんでだ って感じですけど 

で、そんなことやってたら当然困ることだらけになりますよね。
気力体力ともに長年、ずっとフラフラの状態になっていて、
さすがにこれはおかしい、友達なんだから、
言えばわかってもらえるんだから、言わなきゃダメだ、とやっと気づいて、
次回そういうことが発生したら勇気を出して
やってみよう、と決意を固めていた矢先でした。

そして、リコネクションを受けて、1、2週間経った頃。
まず、とある約束が先方からキャンセルに。


「わぁーヤッター 行かなくていい~


そしたら、1週間もたたずに
次の約束も先方からキャンセルの連絡が。


「キャー!!ラッキーー! めっちゃラッキーー・・・・」



ん?ここで気づいた。
今までの経験上、
予定が相手からキャンセルになるってこと、無かった。
だって、こんな風にキャンセルになって喜んだ体験、無いもん。
なのにたった1、2週間の間にどうして2回も
キャンセルになるんだろう??


そうか! リコネクションって、
めんどくさい予定が先方からキャンセルになるんだ!
わぁー何それ、すごい!!
そんなラッキーな事、あっていいのぉ~?!



なーんて思ったんですよ(笑

そしたら引き続いて、また友達との予定がキャンセルに。
私のお脳はテンションマックス


「ちょっと、も~~マジラッキー!(>▽<
 こんなに何回も続いて・・・・・・・ 」



あれ?


ここでもう一度気づいた。
私、なんで予定がキャンセルになると
喜んでいるんだろう?

友達との約束なのに?


そこで、自分の手帳を過去にめくってみた。
何か月分、どれだけ前のページにさかのぼっても、
見開き一週間の自分の手帳に書かれた自分の予定が全部、
「楽しみじゃない」ものばかりだった。


これに気づいたとき、私はゾッとした。


え? どういうこと?
友達との約束なのに、
楽しみにしていた予定が1つもないって、
一体どういうこと?

友達Aグループとの食事会、
Bちゃんとのおでかけ、
交流のあったグループからの頼まれイベント、
全てが「行くべき」ものだった。
「べき」ってなんだ。


そこからは早かった。
まず、ナゼここと仲良くしていたのか
自分でもわからなかった友達グループから
少しずつ離れることにした。
これが面白いもので、当時お勤めしていた私は
そのグループの子達とも社内で会うことが多かったのに、
上手にエレベーターの扉が閉まったり、
上手に(出勤途中)信号が変わったりして
会話をする機会が減った。
そして、私も意識的に誘いを上手に断るようになり、
(会いたくないと気づいたら行動もついてくるようになるよね)
結果、何のトラブルもなく、自然と疎遠になった。

仲良くしていた友達との約束の日に
体調が悪かったり、仕事が立て込んだときは
最初は長い長いお詫びメールを(勇気を出して)送ったりしたが、
その返事は拍子抜けするほどあっさりしていて、
しかも「ちょうどよかった、私も実は今日は~」となって、
スムーズに日にちが変更になっていった。
自分の都合で相手に迷惑をかけてしまうと恐れていた出来事は、
ちょうど相手も変更した方が都合がよかった出来事に
変わっていた(このへんはリコネクション効果・笑)


そして、行きたいこと、やりたいことが見つかりだして、
私はその予定を入れていくことにした。
やりたいことは溢れていて、毎日が忙しかった。
今思い出しても、リコネ後の数年は怒涛のようにキラキラ(笑)してて、
ものすごいスピードで動いていた。
あんな風に楽しかった数年は、多分過去の人生には一度も無かったと思う。
(過去の人生との落差が激しかったから余計際立ったんだと思うけど
交友関係も、沢山の気づきと出会いと偶然のミラクルに支えられて
当時とは一新した。自分の中の友達の定義も、つきあい方も変わった。
今では、自分の手帳には指折り数えるような
待ち遠しい予定しか書かれていない。


これが私の、セッション後まず一番に気づいたヒーリング効果でした。
でも、ヒーリング前の当時の私は
どこも悪くない、人生こんなものだろうし、
 色々あっても私は人生うまくやっていけている

と思っていた。
思っていたんですよ。本気でね。

でも、今の自分がリコネクション前の自分を思い出すと
なんでそんな嫌な事ばっかり我慢してたのか、
皆目ワカラン という感じです。



その人にヒーリングが一体何回必要なのか?
今、その人のどこがバランスが悪いのか?
一体どれだけの癒しが必要なのか?
自覚している人なら話は早いと思う。
でも、本当にヒーリングが必要な人はもしかしたら、

「別に私、どこも悪くないけどな。。。」

と思っている人なのかもしれない。





ちなみに、治ってくれるといいなあ、と思いつつ、
ヒーリング直後にはやっぱり治ってないじゃん、だった
アレルギーと便秘の症状はヒーリング後3年位して、
8割以上改善しました。(詳細はコチラ


みなさん、沢山癒されましょう 


スポンサーサイト






2015⁄11⁄01(Sun) 23:07   リコネクション | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

サロンセレスト

Author:サロンセレスト
名古屋栄&矢場町
ナディアパーク西で
リコネクション
パワーストーン
オラクルカードを扱っている
スピリチュアルサロンです。

HPはこちら! ↓

http://www.salon-celest.com

お知らせ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
年別 記事一覧

オススメ本

<ザ・ゲート> エリック・パール著「リコネクション」があの「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健氏の和訳で新装!
カウンター

検索フォーム

Notice

リコネクションおよびリコネクティブ・ヒーリングは、お客様の心身に関する診断及び治療を行うものではありません。当ブログ記載の内容は筆者の個人的な経験や見解です。効果や結果は個人差がありますので、全ての皆様に何らかの保証をするものではありません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

↑Top



Copyright © 2017 リコネクションその後の人生を追跡. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN