FC2ブログ
 名古屋市中区栄リコネクション・パワーストーン・ヒプノセラピー  スピリチュアルサロンsalon celestのブログです
信頼


次は、昔自分がカウンセリングを受けたときの
話を書こうと思っていたのですが、
ちょいとその前に 






前回のブログを書いた後、テレビをつけたら
阪神淡路大震災を経験された関西の方への
街頭インタビューをやっていて。




「こちらは地震だけで、津波が無かったから
 その分の大変さはわからないかもしれないけれど・・・」






と、彼の地に気遣いの前置きをしながらも、
やっぱり皆さん、口々に





「神戸だってあんな状態から
 ここまで復興したんだから、
 東北だって、大丈夫。
 いつかは必ず復興できる








ああ、経験している人の言葉は、
こんなにも大きく、
そして相手を本当に大丈夫だと思わせれるほどの
力があるんだな、と思いました。
しかもそこには、親愛の気持ちというか、
親密さがあるんですよね。
こういうのが「気持ちをわかって、寄り添う」姿なんだな、と。



日本には言霊(ことだま)って言葉があるけど、
まさに、言葉そのものに
相手に春の命の芽吹きを届ける力が宿っていました。 

(あっ このインタビューを使えばいいのにAC。






特に心に残ったのが、
中年のおじさんのコメントで。。。





「東北の人も、かならず、
 ちゃんと乗り越えられるよ。
 大丈夫。」







言葉自体は、よくある言葉かもしれないけど。





なんの力みも、励まし感も、
「これを伝えなきゃ!」の意気込みもなく、
ただ、穏やかに言ったその言葉には、
東北の人達への
揺るぎのない信頼があった。






「大丈夫だから、→(頑張ってね、安心して、なんとかなるよ)」
て、日々の生活の中で誰もが使う、
優しさや気遣い、
励まそうという気持ちの言葉ではなくて。。。。

だって、そういうときって、
心ではそうは思っていなくても、
時々ほんの一瞬、
言う側も言われた側も
「言葉なんて結局、気休めなんだけどね」
と、一瞬かすめるときがあったりするじゃない。





でも、このおじさんの言葉には、
そんな一瞬の、一ミリの不安も隙も一切なくて。



それは、自分がどれだけ大きな大きな、
大きな体験を乗り越え、今に至っているか。


私自身が体験して知ってるよりも
比べ物にならないほど大きくて大きくて、
すさまじい体験をして、
それでもついにはそれを乗り越えたそのおじさんが、


「人間は、必ず、
 どんなことでも乗り越える力を持っている」




と、心の底から腑に落ちて、
それが自分の体験で「自分がわかっている」だけじゃない。










私達が一生懸命、

大丈夫!
乗り越えられる!
頑張ろう!
これを伝えなきゃ!!


て思っていることって、
やっぱりちょっと、私達もテンパってる(←)んだよな、と・・・・

心のどこかで、
くじけてしまうかもしれないから、
 支えなきゃ!」
と、一生懸命になっているんだよな、と・・・

大丈夫と言いながらも、心のどこかに、
「乗り越えられるとわかってはいるけど、
 さすがにこの状態は大変&長い道のりなんだよなぁ・・・
という不安とどんよりした気持ちがあって、
その弱さが言葉に出てしまっている。



それは、私が前に書いた
一見優しさに見えるけど、相手を弱い人にしてしまう行為
と少し似ていると思う。


(勿論、だからって放かっときゃいいとか、
 救援物資もいらないだろうとか
 そういう問題ではなくてね  )








おじさんは、東北の再建を、
そして何より、東北の人達の力を、

「信じている」でもなく。
「願っている」でもなく。

「信頼」しているのだ。



「信頼」って、
これがきっと、一番の最終体型なのかな、と思った。
必ずそれが実現すると一寸も疑っていなくて、
しかもそこには、相手への尊敬の念もある。


会ったことも無い東北の人の力を、
こんなにも未曾有の事態でも、
それでも間違いなく信頼できるって、
それはつまり、この人はそれだけ、
自分と同じようにどん底から這い上がった人達を
他にも山ほど見ているから
なんだろうな、と思って。
だから、「誰でも必ず」乗り越えられると思ってるんだ、と。




その揺るぎのない信頼の奥には
なんだか悟りの境地くらいの
穏やかな響きがあって。。。。。




あぁ~・・・・・

私の「自分が」=「知って・わかっている」「体得している」より
ひとつ上の境地だ。。。。。。 と、
おじさんに思わず見とれてしまった。



こういう言葉が出るのなら、
「大丈夫だから」と言われた相手を

「所詮言葉だけじゃん」とか、
「ホントに?本当に?どうやって?それはいつ?」とか、
「大丈夫って言われると、助けてもらえない気がして嫌

なんて気持ちにさせないんだろうな、と思った。




想像を絶する凄まじい体験は、
それだけ大きな人を作るんだと思ったのでした。

私なんてまだ、全然青かった









東北の人達が全員、いつかこのおじさんみたいになると思うと
日本ってすごい国になるな、て思ったのでした。








スポンサーサイト









2011⁄04⁄06(Wed) 00:33   スピリチュアル | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

サロンセレスト

Author:サロンセレスト
名古屋栄&矢場町
ナディアパーク西で
リコネクション
パワーストーン
オラクルカードを扱っている
スピリチュアルサロンです。

HPはこちら! ↓

http://www.salon-celest.com

お知らせ

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
年別 記事一覧

オススメ本

<ザ・ゲート> エリック・パール著「リコネクション」があの「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健氏の和訳で新装!
カウンター

検索フォーム

Notice

リコネクションおよびリコネクティブ・ヒーリングは、お客様の心身に関する診断及び治療を行うものではありません。当ブログ記載の内容は筆者の個人的な経験や見解です。効果や結果は個人差がありますので、全ての皆様に何らかの保証をするものではありません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

↑Top



Copyright © 2020 リコネクションその後の人生を追跡. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN