FC2ブログ
 名古屋市中区栄リコネクション・パワーストーン・ヒプノセラピー  スピリチュアルサロンsalon celestのブログです
宇宙のデンパは何て?


前回、もうすぐ令和ですねとか書いててもう
1か月半も経ってしまいました

その間ナニをやっていたかというとですね。


22197.jpg


我が家の可愛い(当社比)ワンワンが若年性白内障の手術をして、
その術後ケアをしておりました。。。

どうですか、この宇宙の最果ての電波まで
キャッチしそうな特大パラボラアンテナ
さすがウチの子、立派な宇宙犬 (笑)


犬猫が外科手術をすると、傷口を舐めないように
こんなエリザベスカラーをつけられるハメになるんですが、
Sサイズでは小さすぎ、Mサイズではデカすぎて(^^;
このアンテナをつけたまま1か月半過ごさないといけません。
そしてその間、なんと点眼3種類を一日4回!
朝、昼は仕事から一旦帰宅し、夕方、就寝前。
10分おきに1つずつ注すので、1回のターンは30分以上かかります。
(これは人間の白内障手術も同じらしいです)
そしてさらに、別の目薬は必ず12時間毎を守らないといけなくて。

こんなデカいアンテナをつけてるとゴハンもお水も
自分では食べられないので、
私が小さいお皿を口元までもっていってやらないといけなく、
投薬の副作用でオシッコが激増、一日中トイレトレイを変えてあげる必要も

誰よりもワンワン本人が一番大変なのですが、
まぁ~~私もヘトヘトです 
夜中もイロイロと事情があって2時間ごとに起こされるし
何より昼間に一旦帰宅しないといけないのは
地味に体力を奪っていくというか。
クッタクタで早く寝たくても、決まった時間に目薬ささないといけないんでね

こと、ワンワンを溺愛している私にとって、
飼い犬の体調不良は私の絶大ウィークポイント。
発症してから、手術できるかどうか、術後の一時不調や、
強い薬を飲んでるせいの副作用で不調が出るたびに
まぁ~大騒ぎしておりました (^^;
リコネ人生なのにどうしてなの宇宙~!
身勝手にも叫びたくなりますが、
残念ながらリコネを受けていても、
人生の中で時々発生する試練は避けられず。。。
こればっかりはどうしようもないんでしょうね。
それが人生というか、何かを体験するために
生まれてきてるんだろうし 



だけどさすがリコネ人生、
そんな試練やアゲインストな状態であっても、
うまいこと助け船をだしてくれるものです。 



今回、発症に気づいたのが10連休の最中の4月30日でした。
病院なんてあっちもこっちもお休みでしたが、
かかりつけの獣医さんは5月1日、2日やっていたので
慌てて駆け込んだら、その日のうちに専門医の2次病院を紹介してくれました。
その専門医も1、2日やっていたので
連休明けすぐの予約を取ることができ。。。

獣医の専門2次病院は大抵どこも予約が一杯で
なかなか診察してもらえないのですが
(予約を待っている間に病状が悪化してしまうパターンも
たまたま、いつもは火曜日が手術日になっているのが
10連休明けの7日(火)は手術日ではなく診察日にしてあるので
診察受けれますよと言われて。

犬は年をとると大体白内障になっていきますが、
6歳未満で発症する若年性の白内障は
遺伝疾患であることが多く、
普通の白内障と違って数日、数週間であっというまに進行してしまい、
手術も間に合わず失明してしまいます。
今回うちの犬も、初診、合併症治療をしながら術前検査、の
たった3週間の間に、発症した目は真っ白になって、
獣医さんにももう見えていませんと言われてしまい。。。
合併症治療が終わらないと手術はできないし、
手術の予約もタイミングよく取れるかわからないし、
間に合わなければもう手術もできない、と
その3週間、日に日に白くなっていく愛犬の目を
泣きそうな気持で見ながら、気を揉んで宇宙に祈っていました。
結果、うまいことトントンと進んで、ある意味最短日程で
手術を迎えることができ、今無事にアンテナを背負っています(笑)


史上最長と言われた連休中でありながら
かかりつけ医も専門医も営業していて、
(そして飼い主の私ではなく、
夫が営業日前夜に発症に気づいてくれた
そして紹介先の専門医は、まぁ頼もしいというか
素晴らしい名医で、本当に運が良かったです 
名古屋に眼科専門医のいる獣医さんは他にもありますが
ここの先生に診て頂けて本当によかった 




大なり小なり、人生の試練にぶち当たると
乗り越えていかなきゃとわかっていても、
どんな形であれ、いつかは乗り越えられるとわかっていても、
やっぱりイヤなものはイヤで

辛いこと、嫌な事は人と比べれるものではなく、
その人にとって、それがボディブローを食らうような
一番のウィークポイントなのですが、
でも、私自身振り返ってみるとやっぱり、
「嫌だったけど、他のことよりはまだ、乗り越えられた」
ものだったと思います。
(もし、あなたにとってそう思えなかった体験があったとしたならば、
 その人にとってもっともっと、もっと時間と愛情をかけて
 癒していく必要がある出来事だったんだと思います)

生き物を飼っている以上、飼い主としてもっと辛い思いをしながら
向き合っていかないといけないことは沢山あるしね。。。


とりあえずは、アンテナ宇宙犬もあともう少し。
大変だ大変だ~と愚痴を書かせて頂きましたが
ワンワンはブログ読めないからいいや~ なんて(^^;
暑かったり寒かったりな梅雨ですが
皆様も体調くれぐれもご自愛くださいね 







スポンサーサイト






2019⁄06⁄15(Sat) 15:22   リコネクション | | | ↑Top
平成を振り返って


もうすぐ令和ですねー

いいかげん、「願いを叶える方法」の続編を
書かねばと思っていましたが 
その前に平成を振り返ってみたいと。

とは言っても、私は別に社会評論家でもなく
メディア業界の仕事をしているわけでもない。
(アタリマエだ)

ここでお聞きしたのが、
平成の時代にリコネクションを受けた皆様。


リコネ効果、活用していますか?




リコネを受けたらどうなるか。
リコネクションはあなたの人生を開いて、
進化させていきます。

それって具体的にどういう意味。

解釈は本当に人それぞれだし、
リコネクション後の人生の展開は
本当につくづく十人十色。

それでも、全員に言えることは、
自分が向き合ったものが進行し、
自分が無理だと思っていたことも乗り越えられるし
想像もしなかった方法や展開が訪れる。


そして、山ほどの引き寄せ(願ったら来る)ができる 
しかしこの引き寄せ、同じリコネのプラクティショナーですら
意外に活用していないことがこの1年くらいで判明して
わたしは椅子から転げ落ちるほどびっくり 

エェェェー!
ナンデ、やってみてよ、ちゃんと来るから!!!



サロンでリコネを受けたお客様に、
引き寄せめっちゃ来ますよ、とお伝えすると
「えー、じゃぁ宝くじとか当たっちゃう? 
と仰ることもしばしば。

確かに宝くじだって当たる人もいるだろう。
(私もどんな引き寄せができるのか、いろいろ実験してみて、
 人生で初のビンゴ一等を当てたことはある・笑
 ビンゴ・・・ちょっとショボイか 
 でも、絶対にクジが当たらない私の人生
 「願ったら来る!・・・いや・・・ムリかな・・・
 いや、そう思うのが自分の制限だ!」 と
 来る、いやこない、を一人脳内寸劇をしてたら、
 当たったんですよね一位 


皆さん、宝くじを当てたいのが願いなのではなく、
本当の願いっていうのは
「その宝くじが当たったら
 あなたは何をしたいのか?」
ということだ。 
そのお金が入ったら、その後、何をしたいか。
そっちが本当の自分の願い。


リアルに考えてみてください。
あなたは自分の人生で何を叶えたいのでしょうか。
何を得たいですか?
あなたは何と向き合っていますか?


一番に思いつく願い、それだけをピンポイントに
引き寄せようと願って、実際にリコネ受けて数か月くらいで
それを得る人もいるけれど、まぁちょっと待ってください。
一番に叶えたいもの、それだけにターゲットを絞らず、
とりあえず、どんな細かいことでも「願ったら本当に来る」
体験を何度も何度も体験してみて欲しいんです。

願ったら来る、を繰り返し体験してみて
「ほんとに叶うんだな と実体験とともに納得したとき、
あなたは何を思いますか?
その上で、自分の人生を考えたとき、どんなことを思いますか?

そして、願ってもなかなか来なかったものが
やっと叶った時。
リコネを受けてから叶うまでの期間、
あなたに何が起こっていましたか?

その体験を繰り返したとき、
他に叶っていない願いがなぜ、まだ叶っていないのだと思うでしょうか?


このあたりの私の体験を書こうと思って
「願いを叶える方法」のブログを書いてるんですが
全然おいついてないんですよねー 
でも、とにもかくにも、リコネ効果を活用してみてください。
リコネ効果ってほんとは引き寄せよりもっとすごいんですけど
とりあえずわかりやすくキャッチーな現象である引き寄せを
どんなことでもいいからやってみてください。


○○が欲しい、
○○という体験がしてみたい、
テレビでやってたあんな○○をやってみたい、
○○を達成したい、
こんな友達が欲しい(職業、性格、住んでる場所、云々)
自分のこういうところ(性格)をなんとかしたい、
苦手な○○を克服したい、
この人との関係性を改善していきたい、



なんでもいいんです。
ちなみにワタシ、
「果物が大好きだけどさくらんぼとかイチゴとか
マンゴーもブドウも高いよなぁー 

なんて思っていたら、
夫がふるさと納税マニア
お高い色んな美味しい果物がタダで食べ放題 な人生になりました。
そんな小さな、くだらない私利私欲で全然いいんですよ。
でもすっごい得な人生じゃないですか? 
毎年、申込みを始める春になるとウキウキします(笑)
いやー人生スバラシイ 


ま、果物ドロボーな私の人生がどうって話しではなく 
あれもこれも手当たり次第で構わないので、
願ったらほんとに来るってことを思い出して、
やってみてくださいね。
言われてみれば前にそういわれてやってみたら
ホントだったけど最近忘れてたわー

なんて仰る方も多いのです。


まぁそんなわけで、
過去を振り返ってみたら、
今度は次を目指していきましょう!
次は令和でお会いしましょうね 











2019⁄04⁄30(Tue) 22:23   リコネクション | | | ↑Top
誰が癒されたのか


エリック・パール著 書籍「リコネクション」に
エリックが末期の癌患者さんにヒーリングをした時の
エピソードが載っています。 (p321~p324)


エリックが訪問するまでの2か月近く、
もうずっと意識がもうろうとしていた奥様が
エリックがヒーリングを始めたら目を覚まし、
ご主人と会話をし、翌日亡くなったそうです。

奥様が亡くなった後、ご主人からの連絡で
奥様が一分以上意識がしっかりしたのは
あのときがはじめてだった、
「あの最後の一晩、妻を僕のところに戻してくれたことに
感謝している」
 と伝えられたそうです。
(本当はもっと興味深いことが書籍に書かれています。
是非読んでみてください!



エリックはこの出来事についてこう綴っています。


誰が癒されたのか?
どんな癒しが起こったのか?





・・・・・・・・・・・・・




先日、FBを見たらとても悲しいお知らせがありました。
リコネクションアメリカ本部の主要メンバーである
ビッグママこと、パット・アナタスさんが
白血病で亡くなったそうです。

s_1.jpg
2016年の交流会でのワンショット

パットは、文字通り全身愛と慈愛に溢れた
本当にチャーミングな女性で、
そこにいるだけで私たちに大きな存在感と、
深い深い愛を感じさせてくれる、
まさに偉大なる母のような方でした。


以下は、彼女の死を悼み、
リコネクションジャパンがシェアした
エリックの著書からの抜粋です。


人は死ぬ。
僕たちはそれを乗り越えて生きて行く。
生まれ、そして死んでいくというサイクルの繰り返しは、
僕たちの宇宙体験の一部なのだ。
誰かが亡くなるとき、その人が癒されなかったということではない。
その人が楽に移行できるようにしてあげたこと、
あなたの訪問によってその人が安らぎを受けとり、
状況を受け入れ、手放すことができたこと、
そして、最後にもう一度微笑み、
愛する人に「愛してる」と伝える機会を与えてあげたことが、
きっとその人にとっての癒しだったのだろう。

だから、解釈したり分析したりしないでほしい。
在るがままでいいのだ。
そしてあなたがヒーリングという贈り物を運んでいることを
忘れないで。それがどんな形をとろうとも。




私達はどうしても、愛する、
大切な家族や相手を失いたくない、
なんとかして病気や不調を治してあげたいと
必死になります。
自分の不調であればなおさらです。

だから、ヒーリングと名がつくものは
「病気を完全に消しさる」ものであってほしい、
そうでなければ(病気が癒えなかったら)
そのヒーリングは効果がなかった、と
判断してしまいがちです。

病気やケガ、生まれついての疾患、
なぜそういったものが私たちの人生に起こるのか。
それは私たちの理解を超えた、
神様の領域のものかもしれません。
私達がどんなに手を尽くしても、
その困難をゼロに消し去ることができないことも、
この世にはあるかもしれません。

それがどれだけ過酷で、
不当だと思えることであったとしても。
それでも、その困難な時を
乗り越えていくための大きなサポート。
自分自身の内側であったり、
自分を取り囲む環境であったり。
縁の巡りやタイミング、
偶然に見える必然的な出来事が
困難の最中にいる方へ届くのであれば、
そのヒーリングの効果は決して
ゼロではないのです。





そしてあなたがヒーリングという贈り物を運んでいることを
忘れないで。それがどんな形をとろうとも。




最後のこの部分は、エリックから私達プラクティショナー(施術者)への
心からの励ましに(私には)思えます。

このヒーリングを信じない人もこの世にはいるでしょう。
そしてそういう人から見れば、
この表現は「傲慢だ」「一人よがりだ」と非難することも
あるのかもしれません。
それでも構わないんです。
信じようが信じまいが、確かにヒーリングは起こります。
クライアントさんには必ず、その人にとって
最大限の贈り物を受け取ることができるのですから。




パット、もうあなたに会えないのは本当に寂しい 
彼女の今世の旅は終わり、全体性へと回帰したことを
頭で理解はしているけれど
彼女を惜しむこの気持ちもやはり、
在るがままでよいのだと思います。









2019⁄02⁄04(Mon) 22:29   リコネクション | | | ↑Top
人生の困難とリコネクション


前回、「その暗闇は一見」というブログを書いた後、
何人ものお客様から感想&質問を伺ったのですが。

え、なんでそういう発想になるんだろう??(・・; と
不思議に思えたご質問について考えてみて、
気づいたことをひとつ。



実は、前から時々同じような感想を伺うことはあったのですが、


(一生に一度の)リコネクションを受けると、

大きな人生の課題(困難)がどかーんとやってきて
大変な思いをしたらどうしよう



とか、

受けることで、返って試練が深く(難しく)なって
余計に苦労をするんことになるんじゃないか?




つまり、リコネクションを受けたことで
(受けなければ体験しなくて済んだはずの)
アップグレードバージョンの試練を体験するハメに
なるんじゃないか。

という心配をされる方がいらっしゃるんだな、と。



うーむそうかナルホド、そういう心配かー(--; と。
これ、私も自分が受ける前だったら
同じこと考えたかもな、
とやっと気づきました。
何しろ今の自分、全くそういうことを考えたこともない位、
リコネ人生で恩恵しかないので
すっかり昔の自分の思考回路を忘れ去っておりました(^^;



私はカミサマではないので
自分を含む皆様の人生で起こることに対して
何故、とか、何が原因でこうなった、という答えを
知り得ているわけではない、ということを大前提に置いた上で
私の個人的な感想を書かせて頂くと。


私自身の経験、そして山ほど沢山のお客様のご体験を
伺って思ったのですが、
リコネクションを受けたから大変な目にあった、
とは思えません。

例えば私の場合は、自分がこのセッションを受けたら、
このヒーリングを自分がやりたいと思って、
すぐサロンの物件を探して契約したんです。
そしたら会社クビになっちゃった、ていう、
一見、見事なまでに「リコネクション受けたらひどい目にあった」
パターン
なんですけど(笑

でも、その後、その体験の前後を振り返って気づいたけど、
リコネクションを受ける前からの流れで、
私がクビになるような人事の下地は動いてたんです
(それもヒドイな・笑
つまり、リコネクションを受けようが受けまいが
クビって出来事は私の人生に発生してたんだろうと思います。

だから、言い変えれば
もうこの試練を体験することは
私の人生計画に盛り込まれていたので
その試練を乗り越える為に、
カミサマがリコネクションの恩恵を得られるように
この時期に出会わせてくれた

んじゃないかと。



前回のブログで書いた、
私の「人生で起きた大嵐」な体験も、
リコネクションを受けていなければ、
あの嵐を乗り越えられなかった
と、本気で思います。

受けたから余計なヒドイ目に合ったんじゃなくて、
ヒドイ目に合うからこれ受けてみたらどうーって
カミサマが紹介してくれてるんだと思うんですよ(^^;
順番、逆。
(で、受けることを決めるのは結局自分なので、
 自覚が無い深い深いところの自分が
 その必要性の是非を理解して決断してるんだと思う)




で、なんでこういう「受けたら返って悪くなると怖いから
受けない方がいいんじゃない」発想になるかって。

人間の脳って、「二つの出来事を関連付けて判断する」
性質を持ってるんですよね。
それは生存本能なんです。
自分が知らないものが自分にとって安全かどうか。
それを判断するために、過去の自分の類似の体験を
検証材料にするからです。


「前回、こういう怖い目にあった」
 ×
「今起こっていることはあの時に似てる」
 ↓
「危ない、逃げよう」


でもコレ、推測で勝手に決めつけることが多いので
ホントは注意が必要なんです(^^;


「昔、自分に嫌なことをした人は目つきが悪かった」

「このメガネをかけている人は
 目が細いせいか、目つきが悪いように見える」

「あの嫌な人に似ている気がする」

「メガネをかけてる人はみんな嫌な人に見える」
「目が細い人はみんな嫌な人に見える」

ねーー(^^;
しかもこれ、生存本能から検証しているわけなので、
大抵はポジティブよりはネガティブに適用されがちです。
「この赤い実は美味しかった」を捜すより、
「この形のキノコ、体痺れて死ぬかと思った」を
回避する方が、生物にとって最優先事項ですしね


なので、「どうなるのか想像がつかない」
リコネクションが自分にとって良いのか悪いのか、
判断する基準が無いから心配になるんですよね。
これがネガティブ関連付けになったらどうしよう、と。

そして、自分にとって「大変なこと」が
起こったり、今すでに起こっているときには、
人は慌てます。
そしてこの状況を早く何とかしなきゃ、と
短絡的に原因探しをします。
で、「どうなるのか想像がつかなかった」セッションが
目の前にあると、慌てちゃうわけですよ。
「リコネクションのせい?!」と。




でも、リコネクションもリコネクティブ・ヒーリングも、
宇宙があなたのためだけに用意した特別なヒーリング です。
あなたにとって最善の結果になるセッションなので、
心配はご無用なのです 
あなたにとって、何が最適で、何が必要で、
何がどのくらいのレベルであれば過不足が無いのか、
私達、人間では判別できないようなこと全て、
あなたのためだけに用意されて
与えられるヒーリングだからです。


受けるか受けないかの判断基準は、
頭で考えてどうこうするってより、
「ちょっとでも気になるか、どうか」ですね







2017⁄10⁄01(Sun) 22:13   リコネクション | | | ↑Top
その暗闇は一見


私がリコネクションを受けて、3、4年経った頃、
それは起きました。

リコネクションを受けてずっと
まさにジェットコースターそのものの
あり得ない奇跡の数々。

自分と、自分の人生に向き合えば向き合うほど、
今までの悩みやうまくいかなかったことが
どんどん動いて片付いて、リコネ人生って万能 て思ってた。

で。片付いていくと、悩み事が無くなっていくので
そうするともっともっと深い深いところにあった
当たり前すぎてこういうものだと思ってたけど
 実はそれっておかしくない?」や、
「こんなに頑張ってるのに、どーしても動かない!」ところが
目につくようになった。
というか、もうそれしか取り組むところが無くなったって言うか(笑


なので、願ったんですよ。
そうか、お願いお願いって言ってても
私はどこか、逃げてたんだ。
よし、わかったぞ、
「ここ、本気で なんとかしてくれない?宇宙」


そしたら、落ちてきたんですよ。その大嵐が。


今までの人生で一番の大嵐で、
今思い出しても、あの時の感想は変わらない。
「まさに地獄」
生き地獄ってこういうことか、と毎日思っていた。

つい数か月前には
「宇宙アリガトー!!」なんて調子に乗ってたのに、本気で
「宇宙ってなんだっけ?私頭おかしかったのかな」
なんて思ったしね



それでもやっぱりリコネクション人生、
地獄の最中であっても、
驚愕の完璧なタイミングと出来事で物事は進み、
私が「本気で」頼んだ全てのことに理解が訪れた。
だから、良かったんですよ、その生き地獄があってね

でも、その最中には
はっきり言って神様を恨んだ。
今までどんな困難も、勇気を出して進んで行けば
必ず支えて、助けてくれて、結果を手に入れることができる
体験を山ほど、本当に山ほど得ていたのに、
それでも思った。
いくらなんでも、こんな仕打ちってある? と。
私が必死で、歯を食いしばって
死ぬ気で向き合った20年が、全部無駄だったんじゃないか、とも思った。

多分、内容を聞いた人の中には
ドン引きしちゃう人もいると思うし、
(実際、友達にもそういう反応をした人はいた)
そのジャンルに詳しい人が聞いたら
「よく乗り切ったねぇ~ 
と言われると思う。
シャレにならなさすぎてブログにも書けやしない


そんなひどい時期を、ただめちゃくちゃに突っ走って、
やっと乗り越えて、でもしばらくは振り返ることができないくらい
自分にとって地獄だったけど、
終わってみてからやっとこう思えたわけです。

「私にとっては、この出来事だったから、まだ乗り越えることができた」

と。



人生、本当に辛いこと、ひどいこと、
こんな仕打ちってあるかなと思うことは
悲しいかな存在する。
新聞やテレビのニュースもそうだし、
特にこういう仕事をさせて頂いていると
つくづく思うこともある。

時々、自分が体験したことのない人生の困難を
「もし自分だったら、私はどうなるだろう」と
リアルに想像してみることがあります。
勿論どんなにリアルに想起してみても、所詮は想像。
本当に向き合っているご本人からしたら
鼻で笑っちゃうようなナメたレベルしか想像できないけど、
それでも思う。
私には「あの」地獄で、まだ、恵まれていたのかもしれない、と。

この感覚、
どっちがマシだとか、
上を見たら、下を見たら、という安直な捉え方をしてほしくないんです。
(だって、どの出来事が一番悲惨だなんて比べられないから。
 例えば、あなたは亡くしたのが一人だからマシだ、
 私は二人も亡くしたんだから私の方がもっと辛いとか、
 そういう問題じゃないわけですよね)


私達がこの次元に生まれてくるのは
何かを学ぶため、体験するため、だとよく言われてるけど。

(だから人生でとんでもない困難に直面した人にも、
 前回のブログで書いたように
 「あなたが(その困難を)選んだんですよ~°▽°*」
 なんて、無責任に言い放つようなことが多発するんだよね)

学ぶテーマや、体験したい出来事、つまり
「この結果」を得る為には「この出来事」を選ぶしかない、から、
うーん、じゃぁしょーがない、大変だろうけどコレにするかーーー(--;
って流れで自分が選んだ、て、単純にこういうことじゃないの?と思うワケです。



そして、人生には救いというものがあると思う。
(本人がそれに気づくかどうかは別として)
どんなに本人がどん底にあったとしても、
必ず何か、その状況の中で、助けになる何かがあると思う。
それは例えば、他者の助けであったり、
本人の中の資質であったり、環境であったり、
偶然の星の巡りであったり。
それはきっと自分で、またはカミサマが、
その苦悩を選んだ自分に、「これつけとくから、頑張れよ
励ましオプションをぺたぺたと
追加してくれといたんじゃないかと思うんです。

私にも、微に入り細に入り、さすがリコネ人生だなっていう
絶妙なタイミングと出来事があちこちにちりばめられていたし、
そもそも最初から、あの地獄を乗り越えられるだけの十分な環境という
助けを与えられていたと思う。
(勿論、それがあっても乗り越えられてない人、
 すごく時間がかかっている人はいると思う。世の中には。
 だから私は、救いがあるんだから頑張らなきゃ、と
 踏ん張ったんだ、という自負がある)

私の場合はつくづくと、
リコネクションの恩恵があったからこそ、乗り越えることができた
と思ってるので、ほんとカミサマ、リコネに出会わせてくれて
ありがとう、と思ってるわけです 


でもこれはみんな、1年2年、とその地獄を乗り越えて、
しばらく時間がたってからやっと自分で思えたことであって、
エラそうに人から訳知り顔で

「アナタ恵まれてたじゃない~贅沢よ~」
だの
「あなたが選んだんですよ~だの
「どんなに辛くっても、大丈夫になってるんだからぁ~なんて

言われたくないし、言われたら横っ面張り倒してやる、
くらいの気持ちに、今でもなるわけです
(→人に説教をしたがる人のよくあるパターンは
  次回に続く。)



勿論、これは私の個人的な、一感想にすぎないです。
人生の困難に対する想いって
当の本人が「私はあの体験をこう捉えている」というものが、
その人にとっての正解だから。
もし、このブログを読んで不快に思われた方がいらしたら
それは申し訳ないと思う





今、もしあなたの目の前に大きな困難が立ちはだかっていて、
そしてもし、その出来事、あなたが選んだんですよ、と言うのであれば。
その暗闇は恐らく、一見あなたにとって
一番の地獄に見える様相を呈しているだろう。
きっと、本当に耐えがたい、本当に辛い暗闇を
体験しているんだと思う。
何故って、「頑張った先に得ることができた」っていう体験って、
最初は「うーわ絶対無理」「それは嫌」ていう様相を呈しているから。


それでもきっと、今の自分が気づかない
何かの形で解決していけるはずだ。
そしてきっと、どこかに、自分の為に、
自分が備えてきた沢山のオプションと、
今この時点でもカミサマが天から落としまくってくれている
ちょっとした魔法があるはず。

だから、道のりがどんなに暗闇に見えたとしても。
それを捜して、見つけて、ただ、
今を歩いて行けばいいと思うのです。


※2017年9月26日 加筆修正しました。





2017⁄07⁄31(Mon) 20:59   リコネクション | | | ↑Top

| HOME | next >>

プロフィール

サロンセレスト

Author:サロンセレスト
名古屋栄&矢場町
ナディアパーク西で
リコネクション
パワーストーン
オラクルカードを扱っている
スピリチュアルサロンです。

HPはこちら! ↓

http://www.salon-celest.com

お知らせ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
年別 記事一覧

オススメ本

<ザ・ゲート> エリック・パール著「リコネクション」があの「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健氏の和訳で新装!
カウンター

検索フォーム

Notice

リコネクションおよびリコネクティブ・ヒーリングは、お客様の心身に関する診断及び治療を行うものではありません。当ブログ記載の内容は筆者の個人的な経験や見解です。効果や結果は個人差がありますので、全ての皆様に何らかの保証をするものではありません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

↑Top



Copyright © 2019 リコネクションその後の人生を追跡. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN