名古屋市中区栄のリコネクション&パワーストーン  スピリチュアルサロンsalon celestのブログです
人生の困難とリコネクション


前回、「その暗闇は一見」というブログを書いた後、
何人ものお客様から感想&質問を伺ったのですが。

え、なんでそういう発想になるんだろう??(・・; と
不思議に思えたご質問について考えてみて、
気づいたことをひとつ。



実は、前から時々同じような感想を伺うことはあったのですが、


(一生に一度の)リコネクションを受けると、

大きな人生の課題(困難)がどかーんとやってきて
大変な思いをしたらどうしよう



とか、

受けることで、返って試練が深く(難しく)なって
余計に苦労をするんことになるんじゃないか?




つまり、リコネクションを受けたことで
(受けなければ体験しなくて済んだはずの)
アップグレードバージョンの試練を体験するハメに
なるんじゃないか。

という心配をされる方がいらっしゃるんだな、と。



うーむそうかナルホド、そういう心配かー(--; と。
これ、私も自分が受ける前だったら
同じこと考えたかもな、
とやっと気づきました。
何しろ今の自分、全くそういうことを考えたこともない位、
リコネ人生で恩恵しかないので
すっかり昔の自分の思考回路を忘れ去っておりました(^^;



私はカミサマではないので
自分を含む皆様の人生で起こることに対して
何故、とか、何が原因でこうなった、という答えを
知り得ているわけではない、ということを大前提に置いた上で
私の個人的な感想を書かせて頂くと。


私自身の経験、そして山ほど沢山のお客様のご体験を
伺って思ったのですが、
リコネクションを受けたから大変な目にあった、
とは思えません。

例えば私の場合は、自分がこのセッションを受けたら、
このヒーリングを自分がやりたいと思って、
すぐサロンの物件を探して契約したんです。
そしたら会社クビになっちゃった、ていう、
一見、見事なまでに「リコネクション受けたらひどい目にあった」
パターン
なんですけど(笑

でも、その後、その体験の前後を振り返って気づいたけど、
リコネクションを受ける前からの流れで、
私がクビになるような人事の下地は動いてたんです
(それもヒドイな・笑
つまり、リコネクションを受けようが受けまいが
クビって出来事は私の人生に発生してたんだろうと思います。

だから、言い変えれば
もうこの試練を体験することは
私の人生計画に盛り込まれていたので
その試練を乗り越える為に、
カミサマがリコネクションの恩恵を得られるように
この時期に出会わせてくれた

んじゃないかと。



前回のブログで書いた、
私の「人生で起きた大嵐」な体験も、
リコネクションを受けていなければ、
あの嵐を乗り越えられなかった
と、本気で思います。

受けたから余計なヒドイ目に合ったんじゃなくて、
ヒドイ目に合うからこれ受けてみたらどうーって
カミサマが紹介してくれてるんだと思うんですよ(^^;
順番、逆。
(で、受けることを決めるのは結局自分なので、
 自覚が無い深い深いところの自分が
 その必要性の是非を理解して決断してるんだと思う)




で、なんでこういう「受けたら返って悪くなると怖いから
受けない方がいいんじゃない」発想になるかって。

人間の脳って、「二つの出来事を関連付けて判断する」
性質を持ってるんですよね。
それは生存本能なんです。
自分が知らないものが自分にとって安全かどうか。
それを判断するために、過去の自分の類似の体験を
検証材料にするからです。


「前回、こういう怖い目にあった」
 ×
「今起こっていることはあの時に似てる」
 ↓
「危ない、逃げよう」


でもコレ、推測で勝手に決めつけることが多いので
ホントは注意が必要なんです(^^;


「昔、自分に嫌なことをした人は目つきが悪かった」

「このメガネをかけている人は
 目が細いせいか、目つきが悪いように見える」

「あの嫌な人に似ている気がする」

「メガネをかけてる人はみんな嫌な人に見える」
「目が細い人はみんな嫌な人に見える」

ねーー(^^;
しかもこれ、生存本能から検証しているわけなので、
大抵はポジティブよりはネガティブに適用されがちです。
「この赤い実は美味しかった」を捜すより、
「この形のキノコ、体痺れて死ぬかと思った」を
回避する方が、生物にとって最優先事項ですしね


なので、「どうなるのか想像がつかない」
リコネクションが自分にとって良いのか悪いのか、
判断する基準が無いから心配になるんですよね。
これがネガティブ関連付けになったらどうしよう、と。

そして、自分にとって「大変なこと」が
起こったり、今すでに起こっているときには、
人は慌てます。
そしてこの状況を早く何とかしなきゃ、と
短絡的に原因探しをします。
で、「どうなるのか想像がつかなかった」セッションが
目の前にあると、慌てちゃうわけですよ。
「リコネクションのせい?!」と。




でも、リコネクションもリコネクティブ・ヒーリングも、
宇宙があなたのためだけに用意した特別なヒーリング です。
あなたにとって最善の結果になるセッションなので、
心配はご無用なのです 
あなたにとって、何が最適で、何が必要で、
何がどのくらいのレベルであれば過不足が無いのか、
私達、人間では判別できないようなこと全て、
あなたのためだけに用意されて
与えられるヒーリングだからです。


受けるか受けないかの判断基準は、
頭で考えてどうこうするってより、
「ちょっとでも気になるか、どうか」ですね




スポンサーサイト



2017⁄10⁄01(Sun) 22:13   リコネクション | | | ↑Top
ホームページが止まってます → 直りました!


ギャー


今お客様からご連絡を頂いて私も初めて気づいたのですが、
なんとサロンのHPが見れなくなっています。

慌ててサーバー会社に確認したら、
手続きミスで凍結されたらしく。
(ドメインに登録してたメールアドレスが古いやつだった

復旧作業依頼中です。
一両日中には直りますが、
お急ぎのご連絡やお問合せは下記へどうぞ。
メールは受信できます。

直りました! ご迷惑おかけしました申し訳ありません

celest@@@salon-celest.com
(@をひとつに変えてください)
080-5103-8383


ご迷惑をおかけして恐縮ですが、
どうぞ宜しくお願い致します。





2017⁄08⁄31(Thu) 13:02   ネタな日記 | | | ↑Top
その暗闇は一見


私がリコネクションを受けて、3、4年経った頃、
それは起きました。

リコネクションを受けてずっと
まさにジェットコースターそのものの
あり得ない奇跡の数々。

自分と、自分の人生に向き合えば向き合うほど、
今までの悩みやうまくいかなかったことが
どんどん動いて片付いて、リコネ人生って万能 て思ってた。

で。片付いていくと、悩み事が無くなっていくので
そうするともっともっと深い深いところにあった
当たり前すぎてこういうものだと思ってたけど
 実はそれっておかしくない?」や、
「こんなに頑張ってるのに、どーしても動かない!」ところが
目につくようになった。
というか、もうそれしか取り組むところが無くなったって言うか(笑


なので、願ったんですよ。
そうか、お願いお願いって言ってても
私はどこか、逃げてたんだ。
よし、わかったぞ、
「ここ、本気で なんとかしてくれない?宇宙」


そしたら、落ちてきたんですよ。その大嵐が。


今までの人生で一番の大嵐で、
今思い出しても、あの時の感想は変わらない。
「まさに地獄」
生き地獄ってこういうことか、と毎日思っていた。

つい数か月前には
「宇宙アリガトー!!」なんて調子に乗ってたのに、本気で
「宇宙ってなんだっけ?私頭おかしかったのかな」
なんて思ったしね



それでもやっぱりリコネクション人生、
地獄の最中であっても、
驚愕の完璧なタイミングと出来事で物事は進み、
私が「本気で」頼んだ全てのことに理解が訪れた。
だから、良かったんですよ、その生き地獄があってね

でも、その最中には
はっきり言って神様を恨んだ。
今までどんな困難も、勇気を出して進んで行けば
必ず支えて、助けてくれて、結果を手に入れることができる
体験を山ほど、本当に山ほど得ていたのに、
それでも思った。
いくらなんでも、こんな仕打ちってある? と。
私が必死で、歯を食いしばって
死ぬ気で向き合った20年が、全部無駄だったんじゃないか、とも思った。

多分、内容を聞いた人の中には
ドン引きしちゃう人もいると思うし、
(実際、友達にもそういう反応をした人はいた)
そのジャンルに詳しい人が聞いたら
「よく乗り切ったねぇ~ 
と言われると思う。
シャレにならなさすぎてブログにも書けやしない


そんなひどい時期を、ただめちゃくちゃに突っ走って、
やっと乗り越えて、でもしばらくは振り返ることができないくらい
自分にとって地獄だったけど、
終わってみてからやっとこう思えたわけです。

「私にとっては、この出来事だったから、まだ乗り越えることができた」

と。



人生、本当に辛いこと、ひどいこと、
こんな仕打ちってあるかなと思うことは
悲しいかな存在する。
新聞やテレビのニュースもそうだし、
特にこういう仕事をさせて頂いていると
つくづく思うこともある。

時々、自分が体験したことのない人生の困難を
「もし自分だったら、私はどうなるだろう」と
リアルに想像してみることがあります。
勿論どんなにリアルに想起してみても、所詮は想像。
本当に向き合っているご本人からしたら
鼻で笑っちゃうようなナメたレベルしか想像できないけど、
それでも思う。
私には「あの」地獄で、まだ、恵まれていたのかもしれない、と。

この感覚、
どっちがマシだとか、
上を見たら、下を見たら、という安直な捉え方をしてほしくないんです。
(だって、どの出来事が一番悲惨だなんて比べられないから。
 例えば、あなたは亡くしたのが一人だからマシだ、
 私は二人も亡くしたんだから私の方がもっと辛いとか、
 そういう問題じゃないわけですよね)


私達がこの次元に生まれてくるのは
何かを学ぶため、体験するため、だとよく言われてるけど。

(だから人生でとんでもない困難に直面した人にも、
 前回のブログで書いたように
 「あなたが(その困難を)選んだんですよ~°▽°*」
 なんて、無責任に言い放つようなことが多発するんだよね)

学ぶテーマや、体験したい出来事、つまり
「この結果」を得る為には「この出来事」を選ぶしかない、から、
うーん、じゃぁしょーがない、大変だろうけどコレにするかーーー(--;
って流れで自分が選んだ、て、単純にこういうことじゃないの?と思うワケです。



そして、人生には救いというものがあると思う。
(本人がそれに気づくかどうかは別として)
どんなに本人がどん底にあったとしても、
必ず何か、その状況の中で、助けになる何かがあると思う。
それは例えば、他者の助けであったり、
本人の中の資質であったり、環境であったり、
偶然の星の巡りであったり。
それはきっと自分で、またはカミサマが、
その苦悩を選んだ自分に、「これつけとくから、頑張れよ
励ましオプションをぺたぺたと
追加してくれといたんじゃないかと思うんです。

私にも、微に入り細に入り、さすがリコネ人生だなっていう
絶妙なタイミングと出来事があちこちにちりばめられていたし、
そもそも最初から、あの地獄を乗り越えられるだけの十分な環境という
助けを与えられていたと思う。
(勿論、それがあっても乗り越えられてない人、
 すごく時間がかかっている人はいると思う。世の中には。
 だから私は、救いがあるんだから頑張らなきゃ、と
 踏ん張ったんだ、という自負がある)

私の場合はつくづくと、
リコネクションの恩恵があったからこそ、乗り越えることができた
と思ってるので、ほんとカミサマ、リコネに出会わせてくれて
ありがとう、と思ってるわけです 


でもこれはみんな、1年2年、とその地獄を乗り越えて、
しばらく時間がたってからやっと自分で思えたことであって、
エラそうに人から訳知り顔で

「アナタ恵まれてたじゃない~贅沢よ~」
だの
「あなたが選んだんですよ~だの
「どんなに辛くっても、大丈夫になってるんだからぁ~なんて

言われたくないし、言われたら横っ面張り倒してやる、
くらいの気持ちに、今でもなるわけです
(→人に説教をしたがる人のよくあるパターンは
  次回に続く。)



勿論、これは私の個人的な、一感想にすぎないです。
人生の困難に対する想いって
当の本人が「私はあの体験をこう捉えている」というものが、
その人にとっての正解だから。
もし、このブログを読んで不快に思われた方がいらしたら
それは申し訳ないと思う





今、もしあなたの目の前に大きな困難が立ちはだかっていて、
そしてもし、その出来事、あなたが選んだんですよ、と言うのであれば。
その暗闇は恐らく、一見あなたにとって
一番の地獄に見える様相を呈しているだろう。
きっと、本当に耐えがたい、本当に辛い暗闇を
体験しているんだと思う。
何故って、「頑張った先に得ることができた」っていう体験って、
最初は「うーわ絶対無理」「それは嫌」ていう様相を呈しているから。


それでもきっと、今の自分が気づかない
何かの形で解決していけるはずだ。
そしてきっと、どこかに、自分の為に、
自分が備えてきた沢山のオプションと、
今この時点でもカミサマが天から落としまくってくれている
ちょっとした魔法があるはず。

だから、道のりがどんなに暗闇に見えたとしても。
それを捜して、見つけて、ただ、
今を歩いて行けばいいと思うのです。


※2017年9月26日 加筆修正しました。





2017⁄07⁄31(Mon) 20:59   リコネクション | | | ↑Top
だからって平気なわけじゃない


私が新卒で就いた仕事はIT企業の
テクニカルサポートでした。

当時はまだ今よりもIT市場が未成熟で、
製品の不具合もクレームも、それに対応するサポート体制も
お世辞にも良いとは言えませんでした。

終わらない不具合、果てしなく生み出されるクレームに
みんなが疲労困憊していた時、
私の同期がこんなことを言いました。

「あなたはいいよ、(クレーム処理に)向いてるから」


え?


彼女の言葉はつまり、
「クレーム処理に向いてる人は、向いていない私よりも
 (受けている)ダメージが少ないからいいじゃん」
「あなたはできるからいいじゃん」
「私は向いてないのに」
という気持ちだったんでしょうね。

私は相当カチンときてこう返しました。


「向いてる向いてない関係ないでしょう、
 誰だって嫌なのは同じだけど」



彼女は私の不快な返答に気づかなかったのか、
ヘラヘラと笑いながら同じセリフをくりかえしました。
20年近く経った今でもこの会話を思い出せるほど、
私はこの発言に腹が立っていて。


確かに、傍から見たら私はクレーム処理に
「向いてる」ように見えたのかもしれません。
「上手に」対応していたのかもしれません。
でも、向いてるんじゃーないんですよ。
毎日毎日、指先の爪が真っ白になるまで
湧き上がる怒りを抑えてクレーム対応をしていたのは
それが仕事だったから。
出来るから「いい」んじゃない。
出来てるから「人より平気」なわけじゃない。
仕方ないからやってるだけで、
私だってあなたと同じように、死ぬほど我慢をしてるんだ。
できるからいいじゃん、じゃぁない。
嫌なものは嫌なんだ。


この仕事で抑え込んでいた
怒りと我慢が核爆弾並みに膨れ上がっていただけに、
彼女の発言への怒りもすさまじかったわけです(^^;


こんな下地があったからなのか、
私はスピリチュアルによくありがちな
こんなセリフが大嫌いです。


「(あなたが抱えている人生の困難は)
 あなたが自分で設定して生まれてきたんですよ(゜▽゜」



で?


だから、何?
その次に続くセリフはなに?
「自業自得でしょ」?
「だから頑張ってネ」?
「自分で決めたんだから仕方ないじゃん」?
「だから大したことないんだって、ヘーキヘーキ!
とでも言うつもりか?


確かにその通りなのかもしれない。よね。
理屈で考えたらね。
でも、このセリフを能天気に言い放つ人には
私は本当に不快になります。


だってそのセリフ、
目の前で通り魔に我が子を殺された母親に
面と向かって言えるのか?
生まれついてのハンディキャップや、
怪我や病気で毎日体の不自由や激痛と戦っている人に
笑顔で言い放てるのか?
DVでボコボコに殴られて鼓膜が破れたり
骨折したりしてる奥さんや子供に
「その人生はあなたが自分で選んだんですよ」と言えるのか?
もし自分が同じ目にあったとしたら。
自分が打ちのめされている最中に
そんなこと言われたらどう思う?
ちょっと考えたらわかるだろうに。


スピリチュアルな価値観に傾倒している人間は、
(勿論私も含め、だけど)
どうも頭でっかちになりがちで、
理想論を掲げるのが得意。
世の中の仕組みを全部わかってまーす、
なんて神様気取りになるのも楽しいしね



まぁそんなわけで、
人の気も知らないで
当事者と同じ体験をしていない人間が
したり顔で評価する(または説教してくる)ことは、
私の逆鱗に触れる地雷になっています。
本人が辛い思いしてるんだから
他人がデリカシー無いこと言うなってことですよ





それでも。

「それはあなたが自分で設定したことなんだ」
説を使いたいのであれば、

そうだなぁーーー

「だから、ホントに限界ギリギリでもう耐えられん、て思っても、
 それでも切り抜けられるレベルで設定されてるはずだから、
 それを信じてもう少し進んでみよう。
 絶対にいつか乗り越えられる日が来るから」

と付け加えるかなぁ、私だったら
(いや。。。やっぱりそんでもそんなこと
 言わないだろうなあ(--; )




あ。

「自分で設定したっていうんだったら
 やっぱやーめたー って投げちゃうのも自由だよねぇ~
 投げちゃってもいんじゃなーい?(鼻ホジー」

と、言うことはあるかもしれん(笑



だって自分の人生、何を選択するかは自分の自由だもん。
その代り、選択したものを
自分の責任で受け止めなきゃいけないけど。
覚えてもいない過去のいきさつを持ち出してくるより、
今の自分が何を設定するのかを決めることの方が
よっぽど自分の人生と向き合ってるってことになるよね


続く。








2017⁄06⁄24(Sat) 01:55   リコネクション | | | ↑Top
新展開?


だいぶ前のハナシですが、自営業の知り合いと
確定申告の話をしていまして。

その方、可愛い小鳥さん  を飼われているんですが、
職場が 自宅 兼 事務所 という扱いになっているので


ウチの鳥のエサ代は
職場の応接室のチャーム(装飾品)扱いで
経費にして落としている ( ̄ー ̄ ニヤリ



と。

ははぁ~・・ナルホドね、
カウンセリングルームに置いてある
水槽&熱帯魚みたいな?( ̄▽ ̄




そっかー、可愛い小鳥さんならそういう扱いもできるよねぇ~・・・
いいなぁ、ウチの駄犬のドッグフード代なんて
どーにもならん・・・・・・・・・

とか思っていたら。





はっ!!!

セラピードッグにしてしまえばいいのでは?!Σ( ̄□ ̄;;!!!







節税対策の為に、
まさかの新境地を開拓することになるかもしれません。(ウソ)



なんて冗談はさておき、
ここ数年はずっとNLP(神経言語プログラミング)形式の
コーチングや催眠療法、ブリーフセラピー(短期解決治療)の
講座に通い詰めていて、
実際にヒプノセラピー(催眠療法)でお申込み頂いた
クライアントさんのご相談内容によっては
古典的なヒプノセラピーよりも他の心理療法ワークを
お勧めしてそちらのセッションをさせて頂くこともあるので、
いずれはそういった心理セラピーを
独立したセッションメニューとして
いれようと思っているのですが。

なーにしろセッションメニューの体系整理とか
ホームページのリニューアルとかが
毎日忙しすぎてちっとも向き合っていない(--;
ので、いつになることやら( ̄- ̄ ;


準備の為に休みでもとるかな~・・・
なんて思ってる次第です。

あぁぁーてことはまたホームページ直すのかーーー
めんどくさいーーーーー





めんどくさいばっかり言ってると
めんどくさいオバケが出るよと注意して下さる方は押してね ↓














2017⁄05⁄15(Mon) 23:40   ネタな日記 | | | ↑Top
ただ、今そこにあるものに目を向けるだけ


逆境や辛い時に

「なるべく前向きに、
 ポジティブに考えようと頑張ろう」


という言葉はよく耳にします。



勿論それが一番大事だけど、残念ながら人間、
ムリヤリってのは長続きしない。 ┐( ̄_  ̄)┌
逆境で苦しんでるときに、
返って苦行を増やしちゃー意味が無いよね。


ツライこと、嫌なこと、耐えられないこと、
そういうのはまずは吐き出して、
そう感じる自分を否定せず、認めることが先決で。

だって無理に蓋をして見ないフリしたって
その蓋は必ずドカンと剥がれる。
抑えつければ抑えつけるほど。
だったらこじらせる前に、
「そう感じている自分」も、
間違いなく自分の一部だっていうことを
尊重してあげるといいと思う 


そのために、
そんな自分を受け入れてくれる友達を
日頃から作っておくといいよね。
(え、気づいたら誰もいなかったって?
 大丈夫、だったら今からやってみればいいんだって
 自分が逆境なときにこそ、相手の真価がわかるってものだ)
でも、日頃から愚痴愚痴グチグチ、不満ばっかり言ってると
本当に辛いときですら「もううんざり」と
聞いてもらえないからそこは要注意だ



頑張れない自分、
それでも頑張りたい自分。
どっちにも転べない自分。
全て、自分なのだということ。


それでも人間は、目を向けた方へ進んで行く。
見たい景色を自分で決めれば、
その景色を見続けることができる。
ずっと腐っていたいと思うならそれも良しでしょう。
だってとことん腐り続けてたら、そのうち飽きるもん

そして、前を見たいならば。
無理やり、物事をポジティブにとらえようとか
本音とは真逆に考えてみようとかせずに。

ただ、自分の周りにあるものに気づくこと。
今、確かにそこにあるもの。
別に光り輝くようなダイヤモンドじゃなくたっていい。


住む家があるということ。
仕事があるということ。
例えそれが、元気なときの自分にとっては
満足いくものではなかったとしても。
「ある」という事実は変わらないのだから。

家族がいるということ。
友達がいるということ。
もし彼らが、自分が望む通りの形で
わかりやすい愛情を与えてくれなかったとしても。
たった一人で挑まなければいけないよりは
心強いはずだから。


他には?
好きなテレビが見れて楽しかった?
食べたものが美味しかった?
美味しいものが今、手に入れることができないなら、
美味しいものを知っている自分がそこにいる
ということに気づけばいい。
知っていたら、手に入れに行くことができるでしょう 


こういうの、使い古された
ありきたりな方法なのかもしれない。
でもコツは、
無理やり考え方(自分)をコントロールしようとしないこと。


ただ、「そこに実際にあるもの」に目を向けるだけ。
これだったら無理やり感も努力も必要無いでしょう(笑
そこに本当に最初からあるんだから。
あなたが「頑張って何かをする必要」は無いってこと。
大変な時は疲れてんだから、
余計なことしなくていいんですよ(笑




そうやって、ただ目を向けて気づくだけ
繰り返していけば、
あなたの世界はあなたが気がついたもので溢れていく。
その楽園の中で毎日眠りにつき、
朝が来れば目を覚ます。
気づいたら逆境なんて当の昔に消え去っているだろう。





そのときあなたは何に気づき、何を思うでしょうか 










2017⁄04⁄13(Thu) 23:51   スピリチュアル | | | ↑Top
ヒプノセラピーお客様体験談


だいぶご無沙汰してしまいましたが、
ヒプノセラピーのお客様体験談です




私はヒプノセラピーのトライアルと、
パワーストーンのセッションをあわせてお願いしました。

まずはヒプノセラピーのカウンセリングがありました。
事前に「こうなりたい、ここを改善したい」ということを
まとめようとしたのですが、うまくまとまらなかったので、
その場で話しながら円山さんに整理を手伝っていただきました。
漠然とした私の話の中から、円山さんが問題に関係する
私のくせ・傾向のようなものをいくつか導き出してくださり、
その改善に合った手法(エンプティチェアと
ヒプノセラピーによる成功体験)の実施に進みました。

エンプティチェアでは、以前の交際相手との関係の中で
私が「相手は私に興味がない、
それは私にこれといって売りがないからだ」と
感じていたという部分について、
その相手との会話のシミュレーションをしました。
自分と相手が向かい合って座っているイメージをして、
実際に場所も動きながら
一人二役で会話を進めていくのですが、
円山さんが手伝ってくださったので
思ったよりもスムーズにできました。

その結果、自分が相手に求めていたことを
相手も自分に求めていたということ、
そして相手が自分から何を得ていたのかが自然にわかり、
腑に落ちました。
とても不思議な感覚ですが、自分で考えていただけでは
たどり着けなかった答えに、するするとたどり着け、
納得できました。自分だけで決めて、
思い込んでいる部分があるのだな、
これからは相手に直接聞いてみようと思いました。

次に、私の「嫌なことをされても嫌と言えず我慢する」
という部分の改善につながるように、
ヒプノセラピーでそのような状況で行動し、
成功する場面を体験しました。
ゆったりと座って目を閉じ、
音楽と円山さんの誘導に耳を傾け、
呼吸を意識していると、だんだんと体が重く、
頭の中は不思議な感じになっていきました。
そこで、実際の会社の同僚を相手としてイメージし、
嫌なことをやめてほしいと言うことと、
それに対する相手の反応も、シミュレーションしました。
すると、言われた相手は私が思うほど嫌な感じを受けず、
言った方がうまくいくということを、自分と相手、
両方の立場から実際に経験できたように感じました。
次に何か嫌なことがあったら、
こういう感じで相手に伝えてみようと思えました。

最後におまけで?ハイヤーセルフからメッセージをもらう、
というのも加えてくださり、なぜかウサギが現れて
うれしく楽しいメッセージをもらいました。


その後、パワーストーンのセッションも受けたのですが、
自分で選んだ石の中から生駒さんがすすめてくださった石が、
この日に相談した内容や向かっていきたい方向にぴったりで
(円山さんからその石についての説明をお聞きしてわかりました)、
驚きました。
また、後から気づいたのですが、石の色がヒプノセラピーで見た
うさぎの色と同じでした。
このブレスレットからエンプティチェアやヒプノセラピーで気づいたこと、
わかったことも、思い出せるので、ちょうどよかったなと思います。





エンプティ・チェアとは、
ドイツの精神科医、フレデリック・パールズによって作られた
ゲシュタルト療法の技法のひとつです。

色々なバリエーションにアレンジされ、
カウンセリング、催眠(ヒプノ)、コーチングなど
様々な心理セラピーで活用されています。
実際にやってみるととても興味深い結果につながりますので
私も大好きです(^^

ゲシュタルト療法、すごく面白そうなんですけど。。。
もっとちゃんと勉強したいんですけど
これ以上広げ過ぎても~~~(^^; と迷い中 


セラピーは本当にいろんな手法があります。
ですので、その時のクライアントさんの状態や、
取り扱う課題の内容によって
一番しっくりくる技法を選んでいくといいんですよね。


ありがとうございました 







2017⁄03⁄18(Sat) 22:46   ヒプノ(催眠)セラピー | | | ↑Top
バチは当たるのか


リコネクション後の人生、
願ったら願ったものがどんどんやってくる。
の人生を送っているので
お客様にも「やってみてくださいね~」とお勧めすると、


え~ でもそんな、
あんまりに自分勝手なこと願ったら
バチが当たりそうですね 



日本人は全体性に優先順位を置く思想が
根強くしみこんでいるので
こういう謙虚で真面目な反応をされる方もしばしば。




デモネー
その願望が果たして自己中なのか、適切な願いなのか、
それは誰が仕分けるのか、て話ですよ。
カミサマ? ( ̄- ̄?
そりゃカミサマがそうおっしゃるなら当然リスペクトですが(言い方軽いな
明確なルールを提示してもらえないなら
判断しようがない。
(それとも、やっぱり
 神はあなたの中にいるのです(-人- てことか?)



「自分勝手」という発言に類似して、
こんな発言を聞くことも多いです。

「人様の迷惑にならないようにしないと」
「人様や社会の役に立つことをしないと」


スピリチュアル好きな人の大半は
繊細な感受性を持っている方が多いので
特に前者に対して敏感なんですよね。
自分が嫌な思いをして傷ついたので
同じことを人にやってしまわないように ですね。

でもこれもまた、どこからどこまでが
迷惑なのか、手助けなのか、
やっぱりそれは誰が仕分けているのか、ということになる。


例えば、会社で。
例えばみんなが使う給湯室について、
いつもいつもAさんが一人で掃除をしているとします。

Aさんはみんなの為に良かれと思ってやっている、
みんな忙しいし、そんなとこまで気が回っていないし。
一方で、なんで私だけ貧乏くじ、と思っていたりもする。

Bさんは、みんなでルールを決めればいい話なのに
Aさんがいつも一人でやっちゃってるから
なんか口出しできないなぁと思っている。

Cさんは、自分の飲み物は自分で用意するんだから
給湯室なんて使わないから私関係ないし、と思っている。

Dさんは、給湯室に置いてある自分のコップを
勝手に他人に触られたくない、と思っている。
なんで頼んでもいないのに余計なことするの?


さてこの場合、
カミサマは誰にどんなジャッジを下すのだろう




何が自分勝手で、自己中なのか。
何が他人に迷惑で、他人に親切なのか。
何が良かれの行為で、何がパチが当たる行為なのか。


よっぽどの「ごくごく一般的な」
ざっくり指針くらいしか社会全体の共通認識なんて存在しないし、
その「一般的」もやっぱり人それぞれなんですよね。


じゃぁ、その「よっぽどの一般的な」ラインを越えたことをしでかしたら、
やっぱりバチはあたるのだろうか?






はからずも体験してしまいました、わたくし。
切羽詰っていたとはいえ、
明らかに尋常ではなかったとはいえ。

もしかしたら、傍から見たら、そこまでのことではないんじゃないと
言う人もいるかもしれない。
いや、それはやっぱりダメでしょう、と言う人もいるでしょう。
でも、人がどう思おうが、本当は関係ない。
自分が「こんなことしでかして」と思った以上、
それは「やってはいけないことをやらかした」ということなんですよね。


結果、バチは当たりました。
そりゃもう、痛いほどに。
自分の行いは、やっぱり自分に返ってくるんです。
何よりも痛かったのは、自分だけじゃなくて、
自分が一番大切にしているものにふりかかったことでした。

自分の行いの結果とはいえ、
悔やんでも悔やんでも悔やみきれませんでした。


ところが。


苦しんで苦しんで、1年2年と経ったところで
ぴたっと。
それが180度ひっくり返って、無くなっちゃったんです。
私の中で整理がついた、という意味ではなく、
現実的に、その「バチ」が消えたんです。


えっ どういうこと?

狐に包まれた気持ちでした。


リコネっぽいと言われればリコネっぽい。
「そんなウソみたいな展開、アリ?」
ですよ。


でも私は素直に諸手を挙げて
「バンザーイありがとう宇宙~ 」なんて
思えませんでした。
この結果を大変自己中に考察するならば、
もう十分に懲りただろう
カミサマが慈悲をかけてくださったのか?
リコネっぽく考えるならば、
宇宙の完璧で作為的な美しい流れにただ、
知らずに踊らされていただけだったのか?

でも、私はこう思ったんです。
これを美しい流れととらえて良いのだろうか?
それって反省してないってことじゃーないの?


この出来事が何を示唆しているのかはわかりません。
私に何を気づかせ、学ばせたかったのか。
展開の速いリコネ人生、発生することは常に
次のレベル、次のレベルにつながっていて、変化していて、
目先の浅い理解から、真の宇宙の深い意図に気づくときがいつ来るのか、
そこにどんな意図があったのか。
日々、自分の人生を織り成す流れの
幾重にも重なる層に気づけば気づくほど、
この流れがどこへどうつながっているのかわからなくなります。
ただ一つ言えることは、「リコネ人生、何もかも、うまくできている」ことだけ。



「恐れを抱いたまま進んでいきなさい。
 そこには愛しかなかったと気づくだろう」

                byエリック・パール




人生には確かに、「救い」があるのかもしれません。
それがたとえ、私たちが過去、どんな人生を送っていたとしても。

でも私はそれでも、自分のあの後悔を手放すことはできません。
(神が自分の中にいるってこういうことかもねー)
抱えたまま生きていくことが必要だと思うからです。


あなたの「後悔」は、今、あなたの中の何につながっていますか?









2017⁄02⁄09(Thu) 22:12   未分類 | | | ↑Top
大雪


いや~ 降りましたね。雪 


最初土曜日の早朝だけとかゆってたくせに
蓋を開けてみたら土日がっつり、
しかも今日もちょっとだけ降ってましたしね 

今日は他のブログ書こうと思ったけど、
なんだか雪ネタをスルーできなくて
こんな無駄話を書いちゃってます (^^;



さて、雪が降れば
犬はヨロコビ庭駆け巡り、
猫はコタツで が風物詩の情緒あふれる日本ですが、
我が家の駄犬は


20170116.jpg

お約束。

別の部屋へ連れていこうとしたら拒否られました(^^;



ちなみに夏はこう。

KIMG2378.jpg


こんな寒い中、
ストーブやら電化製品をつけまくったおかげで
我が家は二日続けて朝方、ヒューズが飛んで
寝起きのパジャマのままで
外の配電盤まで直しに行くはめになった週末でした。


雪にも関わらず、ご来店頂いてありがとうございました 
皆様お風邪を召さない様、暖かくしてくださいね。







2017⁄01⁄16(Mon) 22:27   ネタな日記 | | | ↑Top
おかげさまで8周年


皆様、あけましておめでとうございます。
(もう6日だけど 

2017年を迎えまして、
当サロンも8周年となりました。
これも偏に、日頃応援してくださる皆様のおかげと、
常々感謝しております。
本当にありがとうございます。


サロンを初めて2、3年経った頃、

そーいえば 「○周年」 と 「○年目」 って
どーやって数えるんだっけ。( ̄- ̄?


なんてお馬鹿さんなことを
脳内で確かめたことがつい昨日のことのようで。。。。(^^;




2009年1月に開業しましたので、
今年で9年目に突入の8周年ですね。

9年目か~・・・・・・・

てことは10年目なんて、あっという間じゃん 

わーびっくり(・_・; そんなに経った?? 





個人的なハナシですが、
私の誕生日数(西暦の誕生日の数字を全部足して、
最後一桁にする)はなんです。

数秘を勉強すると、とりあえず何でも足して一桁にするという
おかしな癖がつきまして(笑
(これを数秘をやっていない人に話すと
 めっちゃ笑われる 

リコネ人生になると、ほんとはこういうのも、
もうどーでもよくなるんですが、
私は数字が好きなので時々思い出します 

で、数秘にはパーソナルイヤーというものがあります。
その年(2017)に、自分の誕生日(○月○日)を足した数字。
その年1年間、自分が社会的にどう関わっていくのか?
どんな一年になるのか? といったような意味です。

で、年末、数秘に詳しい友達と忘年会してるときに
数字の話しになって、そういえば私の来年のパーソナルイヤーは?
と聞かれて気づいた。

なんと、誕生日数の私、
2017年の今年のパーソナルイヤーも
そして、サロンも周年。


なんて景気のいい (°▽°



ちなみに、このサロンの物件を見つけたのは、2008年8月8日。
8が3つ並ぶ日で、全部足しても
2+8+8+8+=26 →2+6=8
覚えていらっしゃいますでしょうか、
同じく数字を占いによく使う中国が、
この日が縁起が良いとして北京オリンピック開催に制定した日です。
(このニュースをテレビで見て、
 フム、てことは誕生日数8の私にもラッキーな日だろうから
 なんかあるだろう、 と思って、今までもちょこちょこ探していた
 サロンにする物件を捜そうと、ネット検索したんです。
 そしたらこの物件を見つけたわけです 
 今思えば、なぜ宝くじを買わなかったのかと・笑



そんな景気の良い1年の始まり、
ちょうどいいぞと思って、HPをちょこっとだけリニューアルしましたので
宜しければちょっと覗きに行ってみてくださいマセ 
しかし、内容の更新はこれからです 
とりあえず見た目のみ ^^;
そして今年は、また新しいメニューを増やしちゃおっかな~
なんて妄想も抱いちゃったり 



ところで、縁起の良い2017年。
近所の氏神様で初詣しておみくじ引いたら、
案の定 大吉 

いやっほぅ ! さすが私! 
よーし、今年もブイブイ(古)いっちゃうぜ! 


と、ゴキゲンで正月早々、
洗濯した雑巾をベランダに干していたら
(ブイブイと言った割にかなり地味)
我が家の駄犬が何か口の中にくわえて見せに来た。

あれっ またなんか悪さしてるな 
も~ なんでもすぐ飲み込んじゃうんだから・・・

と、クチをこじ開けて出してみたら、


omikuji.jpg


さっきの大吉のおみくじ 
(上部がヨダレでふやけて破れた 




夫婦喧嘩は犬も食わないとか言うけれど、
危うく今年の運を犬に食われるところでした。。。。。





ぎゃふん。
今年も頑張ります。
今後もどうぞ宜しくお願いいたします。








2017⁄01⁄06(Fri) 01:20   ネタな日記 | | | ↑Top

| HOME | next >>

プロフィール

サロンセレスト

Author:サロンセレスト
名古屋栄&矢場町
ナディアパーク西で
リコネクション
パワーストーン
オラクルカードを扱っている
スピリチュアルサロンです。

HPはこちら! ↓

http://www.salon-celest.com

お知らせ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
年別 記事一覧

オススメ本

<ザ・ゲート> エリック・パール著「リコネクション」があの「ユダヤ人大富豪の教え」で有名な本田健氏の和訳で新装!
カウンター

検索フォーム

Notice

リコネクションおよびリコネクティブ・ヒーリングは、お客様の心身に関する診断及び治療を行うものではありません。当ブログ記載の内容は筆者の個人的な経験や見解です。効果や結果は個人差がありますので、全ての皆様に何らかの保証をするものではありません。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

↑Top



Copyright © 2017 リコネクションその後の人生を追跡. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN